トピックスの記事一覧


【中津川宿紹介】高札場跡

◆中津川宿高札場  高札というのは人々が守らなければならない法度や掟書を、板に墨で書き、人目のつきやすい高いところに掲示したもののことをいいます。「たかふだ」な... ()

詳しく見る »


【中津川宿紹介】中津川村庄屋居宅

◆中津川村庄屋居宅  中津川市中山道歴史資料館(脇本陣跡)の道を隔てた西隣、本陣跡の筋向いが中津川村庄屋、肥田九郎兵衞が住んでいた家です。  中津川村は、7つの... ()

詳しく見る »


【中津川宿紹介】中津川宿本陣

◆本陣とは  本陣というのは、もともと、戦場において大将が指揮をとる本部をさすのですが、江戸時代に街道が整備されて、街道には本陣と脇本陣、そして、人、モノ、情報... ()

詳しく見る »


【中津川宿紹介】中津川宿脇本陣

◆脇本陣とは  脇本陣の「脇」は、足らないところを補うという意味です。つまり脇本陣というのは、本陣の近くにあり、大きな藩で本陣だけでは泊まりきれない場合や、藩同... ()

詳しく見る »


【中津川宿紹介】中山道中津川宿とは

◆中津川宿とは   中津川宿の町並みの長さは約1.1kmで、天保14年(西暦1843年)の古文書によると、宿内人口928人、宿内戸数228戸で東美濃では一番大き... ()

詳しく見る »


【資料紹介】道中奉行御条目

◆道中奉行御条目について  この御条目は正徳2(1712)年3月に道中奉行より出されたものです。街道宿駅制の整備を進めていた幕府は、それまでに出した法規を集大成... ()

詳しく見る »


令和2年10月「六斎市」の様子をお伝えします

みなさまこんにちは。 10月4日に中山道中津川宿「六斎市」が半年ぶりに開催されました。 当資料館にもたくさんのお客様が足を運んでくださいました。心より感謝いたし... ()

詳しく見る »


企画展「旅日記と古地図の眺めⅡ」のお知らせ

今回の企画展は新型コロナウイルスの影響等により、上期の企画展を年度末まで特別に延長し、一部展示物を入れ替えて企画しました。中津川宿の人々が実際訪れた場所や道筋で... ()

詳しく見る »


【資料紹介】和歌日記

◆和歌日記 間秀矩著(47×63㎝ 個人蔵) やまはん間家の間秀矩は、京都をはじめ江戸等へ商用等で旅をする際は、必ずきめ細かな道中日記を認めました。馬籠出身で日... ()

詳しく見る »


中津川市中山道歴史資料館
〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2番21号 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-6888 ファックス 0573-66-7021