【中津川宿紹介26】中津川宿と「赤報隊 相楽総三」「東山道鎮撫隊」



 ◆中津川宿と「赤報隊 相楽総三」

 相楽総三()()()()()()は、若い頃から尊皇攘夷運動に身を投じていた人物で、その交友も公家や薩摩・土佐の同志と結び、特に西郷隆盛とは懇意でした。江戸では幕府挑発の活動を行い、戊辰戦争が起きるきっかけをつくりました。

 慶応4(1868)年正月、西郷などの後押しで新政府東征軍(とうせいぐん)の先鋒隊が結成されると、「赤心を持って国恩に報いる」の意味から「赤報隊」と命名され、相楽総三は一番隊隊長になりました。

 赤報隊は維新政府の許可を得て、新政府東征軍の先鋒として各地で「年貢半減」の布告を上げ慶応4(1868)年1月15日京都を出発して江戸へ向かいました。しかし、維新政府は軍資金調達がうまく運ばないことなどから、「年貢半減」方針を撤回し、赤報隊の帰京命令を出しました。そこで赤報隊のうち相楽総三のひきいる一隊は、官軍(かんぐん)先鋒(せんぽう)嚮導隊(きょうどうたい)を編成し、東海道への進行指令を拒否し、1月25日中山道へ進みました。

 中津川宿本陣 市岡家「御休泊留記」によると、中山道を進んだ赤報隊は、慶応4年(1868)年1月24日に先鋒隊2人が本陣に入り宿泊、25日には高松卿ら22人が昼食、29日には相楽総三ら45人が急にやって来て2月2日まで本陣に滞在し、朝早く出発していったことが(うかが)えます。

 中津川宿を発った相楽総三らは、2月2日妻籠橋場に泊り、清内路を通って飯田、その後は伊那路を下諏訪へと進んだのが6日でした。しかし、2月10日東山道総監府は相楽総三らを(にせ)官軍(かんぐん)として追討を指令しました。17日からは戦闘、分遣隊が信州追分で戦いに敗れ、本隊の相楽総三は下諏訪近くの樋橋の本陣にいました。3月2日夜下諏訪の東山道総監府により有無なく捕捉(ほそく)され、3月3日幹部とともに処刑されました。

◆中津川宿と「東山道(とうさんどう)鎮憮軍(ちんぶぐん)

東征軍の通行.png

東征軍の通行.png()()()()

 慶応3(1867)年12月、朝廷は王政復古を宣言し、天皇中心の新政府が組織されました。しかし、慶応4(1868)年正月、薩摩・長州が中心となった新政府に反感持った旧幕府軍は京都の南にある鳥羽・伏見で戦いをおこしました。この戦いは新政府の勝利でおわりました。

 この戦いに勝った新政府は、1月21日、幕府領の接収と勢力一掃のため江戸に向けて東征軍を、東海道・東山道・北陸道等へそれぞれ進発させました。

 東征軍大総督には、かつて皇女和宮の許嫁であった有栖川(ありすがわ)熾仁(たるひと)親王(しんのう)を、東山道鎮撫軍総監には岩倉具視の長男具定、副総監には具径、参謀には板垣退助らを任命しました。

 その正月、中津川宿本陣の市岡(しげ)(まさ)のところに岩倉家(岩倉具慶)から1通の手紙が届きました。その内容は「我が孫の具定・具径兄弟が東山道鎮撫使として美濃路から信州路へ行くことになりました。不案内のことだから、嚮導(道案内)をよろしく頼む」というものでした。2月27日、中津川を出立した東山道(とうさんどう)鎮憮軍(ちんぶぐん)の中に市岡(しげ)(まさ)(はざま)秀矩(ひでのり)・肥田九郎兵衛をはじめ、中津川宿の平田門人たちの姿がありました。

赤報隊(せきほうたい)処罰状(しょばつじょう)(個人蔵)

 東山道鎮憮軍()()()()嚮導役(きょうどうやく)として市岡(しげ)(まさ)(はざま)秀矩(ひでのり)・肥田九郎兵衛等が下諏訪まで先導しました。2月27日 中津川宿を出立し、3月3日まで下諏訪に滞在したようです。

 下諏訪に入った東山道(とうさんどう)鎮憮軍(ちんぶぐん)は、当地に滞在していた(にせ)官軍(かんぐん)とされた相楽総三ら赤報隊(せきほうたい)を3月2日夜に捕捉(ほそく)し、翌日下諏訪(しもすわ)で8名を斬首(ざんしゅ)しました。隊長相楽総三の罪状は、「この御一新の時節に勅命と偽って無頼の徒を集め、官軍(かんぐん)先鋒(せんぽう)嚮導隊(きょうどうたい)と名乗って総督府を(あざむ)き、勝手に軍を進め、諸藩や良民から莫大(ばくだい)な金銭を召し上げ種々の悪行を働いた。このまま放置しておいたら以後(いご)賊徒(ぞくと)が横行し、世の中は大変なことになるので処刑する」という内容で、これを立札に掲げました。

 この日に中津川へ帰る間秀矩は、その全文を書き留めました。

赤報隊処罰状20201215.png

相楽総三 辞世(表)20201215.jpg

写真の小片は相楽総三らがその時に詠んだ辞世と思われるものです。

「思ふこと ひとつもならて 死にもせは

あしく神と なりてたゝらん 」 相楽 総三

 



掲載(最終更新 : 2021年1月16日)

中津川市中山道歴史資料館
〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2番21号 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-6888 ファックス 0573-66-7021