31年度前期企画展  「中津川をめぐる女性たち~幕末・明治から昭和まで~」


 会期
2019年4月 2日(火) ~ 2019年9月29日(日)


4月2日(火)より、新しい企画展が始まります。

今回は、中津川にゆかりのある女性たちに焦点をあてた企画展となっています。

日本、もしくは世界の歴史上、男性と比べると女性は資料に登場することは少ないですが、中山道歴史資料館には女性に関わるものが多く残されています。

今回取り上げる女性のひとり、松尾多勢子は52歳の時に単身京都に向かい、幕末の尊王攘夷運動に参加しました。

信州伊那の生まれではありますが、中津川の旧家と深い関係があるため多くの手紙が残されています。

そのほかにも大奥との手紙や和歌70首がしたためられた屏風等、女性に関わるものを数多く展示しています。

存在が隠されてしまうことがある女性の資料を取り上げることで、男性と同じく時代を支えた幕末から昭和までの女性の姿を明らかにしていきます。


 場所
中山道歴史資料館 第1展示室
 費用
320円、各種割引あり

掲載(最終更新 : 2019年4月 5日)

中津川市中山道歴史資料館
〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2番21号 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-6888 ファックス 0573-66-7021