企画展「中山道中津川宿 幕末・宿場の大事件」


 会期
2017年10月 1日(日) ~ 2018年3月29日(木)
 時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)


企画展のあらすじ
中津川宿は、中山道・飛騨路・三州(飯田)街道とつながる清内路街道・下街道がほぼ交差する交通の要衝で、東美濃・木曽路・信州伊那地方の物流の中心地でした。前回の展示では、宿場の賑わう様子を資料に基づいて見て頂きました。 今回の展示では、文久元年(1861)から慶応元年(1865)に中津川宿に起こった4つの大事件と、それに関わった人たちについて展示します。 中津川宿は物だけでなく、人や情報も行き交う拠点でした。急激に社会が変化しつつあった幕末には、京・大坂・江戸はもちろん、全国各地から刻々と最新情報が入ってきました。 中津川宿の人たちは、日本の行く末を真剣に考える桂小五郎、岩倉具視など、幕末に活躍した人物たちとの交流を通して「自分たちにもできることはないだろうか。」と考えるようになりました。


20170921 29年度下期企画展 A4チラシ低.jpg




 場所
中山道歴史資料館 第1展示室
 費用
通常の入館料でご覧いただけます

15、広重特注  SI 20170923 輪郭&サイズ編集i.jpg


掲載(最終更新 : 2017年9月27日)

中津川市中山道歴史資料館
〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2番21号 メールによるお問い合わせ
電話 0573-66-6888 ファックス 0573-66-7021